Archive for the ‘成功事例紹介’ category

4月 4th, 2011

茨城県水戸市で活動しています、徳田社会保険労務士事務所です。

各種ご相談はこちらからどうぞ

<従業員満足のための視点>

2月 26th, 2011

茨城県水戸市で活動しています、徳田社会保険労務士事務所です。

本日は、働く人のES(従業員満足)を高めるための、企業の取り組みについてセミナーを受けました。

ES(従業員満足)で学んでいることも踏まえて、今回のちょこっと労務では、私たちの取り組みについてお話してみたいと思います。

私たちの事務所では、お客様企業の要望で、会社のより一層のステップアップのために、「クレド」「人事・賃金制度」「就業規則」の相互関係についてお話しさせていただくことがあります。

1)「クレド」は企業の経営理念や行動指針、ミッションなどを、働く人にわかりやすく簡潔に示したものです。いうならば会社のソフトの部分、やる気やモチベーションのレベルアップに資するものです。

2)「人事・賃金制度」は読んで字のごとくですが、働く人が、会社が求める行動や成果を実現した際に、それにしっかりと報いることができるものである必要があります。それと同時に賃金の適正化を通して、会社の安定した発展に貢献します。制度は会社のハードの部分です。

3)「就業規則」は会社のルールブックとも言えるものです。求める行動や、処罰の対象になる行為を見える化することで、公平な処遇を実現します。また、近年ますます求められる、企業としてのコンプライアンスを遵守するためには欠かせないものと言えます。

以上、1~3のソフト・ハード・コンプライアンスは、相互に深く関係するものです。
これらを整備することで、はじめてES(従業員満足)が高いレベルで実現し、ESを実現した結果として、企業としての業績の向上も可能になると考えています。

みなさまの会社ではこの3つのバランスはいかがでしょうか?
働く人の幸せと、企業の健全な発展のために、非常に重要な視点ですので、この機会にじっくりと確認していただくことをお勧めします。

もし必要であれば、私たちの事務所にご相談いただければ、丁寧に対応させていただきます。

<助成金成功事例>「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」

1月 18th, 2011

茨城県水戸市で活動しています、徳田社会保険労務士事務所です。

今日は「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」を活用した<成功事例>をご紹介したいと思います。
この<成功事例>結論からお伝えします。
ある企業様が「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」を活用して、中途採用をおこない<総額80万円>の返済不要の助成金の獲得に成功しました。(80万円のうち、50万円についてはの3ヶ月後に支給される予定です。)

この後に条件を紹介しますが…ここでまず大前提としてこの失敗だけはしないでください!

≪最も多い失敗例!≫
「もう採用して働き始めてるんだけど、調べてみたら助成金の対象者みたいなんだよね。今から手続きできないの?」
…この場合は手続きできません(^^;

これは本当にもったいないです。でもこれが一番多い失敗なんですよ(^^;
私も何度このシーンで悔しい思いをしたか。
.今回の3年以内既卒者トライアル雇用奨励金に限らず、人を雇うことで支給される助成金は、雇う前の段階から準備を必要とします。
・計画→採用
この流れは絶対に守らないといけないので、そろそろ人を雇おうかな…という段階でぜひ、社会保険労務士に相談してください。

では、今回の「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」とは、どんなものなのでしょうか。

・「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」とは
≪卒業後も就職活動を継続中の新規学卒者の方(高校・大学等を卒業後3年以内の方)を正規雇用へ向けて育成するために、まずは有期雇用(原則3ヵ月)で雇用し、その後、正規雇用に移行させる事業主の方に奨励金を支給。

支給額は、
・有期雇用期間(原則3ヵ月):対象者1人につき月額10万円、
・有期雇用終了後の正規雇用での雇入れ:対象者1人につき50万円≫

という内容です。
とても大きな金額が支給されますので、こんな助成金があるという事を、まずは知ってください!
ではどのような事業主が助成金をもらうことができるのでしょうか?

.事業主の要件と、雇い入れる従業員の要件が、それぞれありますので、簡単に見てみましょう。

1)支給対象となる事業主
既卒者トライアル求人をハローワークに提出し、原則3ヵ月間の有期雇用として雇い入れる。(ここまでがトライアル分の助成金で、トライアル3か月経過で30万円の助成金がでます)

その後に正規雇用で雇い入れ。(正規雇用に移行して3か月経過後にさらに50万円)

2)支給対象となる従業員
・平成20年3月以降の新規学卒者で就職先が未決定の者で、ハローワークまたは新卒応援ハローワークに求職登録を行っている者。

・卒業後安定した職業に就いた経験がない者

・雇入れ開始日現在の満年齢が40歳未満の者。

以上。

いかがでしたでしょうか?
ちょっとややこしい内容になっていますよね。
本当はもっと細かい条件がいろいろと定められています。

理解しやすいように、この助成金の主旨を、簡単に言うと、
① 卒業後3年経過していない人が、
② きちんとした就職ができていない場合に、
③ 企業に助成金を出して、
④ 早期に就職させよう。
ということなんです。

面倒な手続きは、私たちで代行することが可能ですので、
ぜひ人を雇う時はご相談ください!

本当に大きな額の助成金ですので、使用しないともったいないですよ。

次回は就業規則について書こうと思っています(^^

お楽しみに!